diary

past log


2024.3.1 (Fri.)

Wi-Fi環境の下であらためて新MacBookAirを始動である!

一番の懸案だったAdobeのCS5(→2023.10.31)は、32ビットということでインストールすらできず。
結局、教職員向けのサブスクとなるのであった。まあCS5は13年も使ったしなあ……。よく使い倒したと思おう。
実は一度サブスクを申し込んでしまえば、Windowsの方でもまったく同じものを利用できるようになるので、
完全に損というわけでもない、と納得しておくことにする。残念ではあるが、覚悟はしていたことだ。

あとはライブ変換がものすごく気持ち悪い。てめえが勝手に変換を決めてんじゃねえよと。
設定で消せたけど、ウザいことこの上ない。あとは絵文字顔文字が変換候補に入ってくるのもイライラする。
これはMacに限ったことではないんだろうけど、全般的によけいな世話を焼いてきて邪魔なものが多すぎる。
てめえが考える便利な機能なんていらないのである。こっちがてめえを便利に使うのであって、逆は不遜で傲慢だぜ。

いろいろ触ってみているけど、サブのマシンではなくメインのマシンで使えという圧力をそこかしこに感じる。
MacBookAirってのはそんなんじゃないと思うのだが。機動性のいいサブのマシンだからこそ価値があると思うのだが。
重くてデカくて取り回しが面倒になって、「Air」本来の利点がだいぶ削がれてしまったなあという印象である。

2020年の日記が3月分から6月分まで仕上がってうれしい悲鳴である。コロナで引きこもらざるをえなかった時期で、
旅行がなくて映画レヴューとよしなしごとばかりだから、リアルタイムできちんと書いた分がたいへん多いのである。
これで負債を一気に軽くできたのはいいんだけど、referenceの確認がすごく大変。時間の厚みを実感させられる。


diary 2024.2.

index