diary

past log


2020.2.9 (Sun.)

昨日の午後からずっと、御守コーナー(⇒こちら)を久々に更新すべく写真をトリミングしているが、まあ量が膨大で。
40体ちょっとを追加するのにほぼ丸一日を使ったわけで、これは思った以上に手間のかかる作業だとあらためて実感。
僕の原点は一宮なので、最近は一宮の御守を優先的に更新していたのだが、それだと一宮以外が疎かになってしまう。
一宮以外にも興味深い御守はいっぱいあるわけで、今回は特に印象的だったオモシロ御守を優先的に更新してみた。
オススメは、石巻の羽黒山鳥屋神社にあるブルーインパルス御守と、志摩市安乗の安乗神社にある波乗守である。
さらに神社以外の御守ということで、石ノ森萬画館の御守や滋賀県の飛び出し坊やこと「とび太くん」御守も更新。
あと、福島県が貧弱だったので、相馬の三大妙見をピックアップしている。ほかは栃木・三重・福岡などの一宮も更新。
本当は毎日1社くらいのペースで更新できるとかっこいいのだが、冒頭のサムネイルを整理するのとリンクを張るのとで、
更新作業はめちゃくちゃ手間がかかるんですよ。そもそもの写真トリミング作業も、実はかなり集中力を使うし。
御守コーナーは当サイトの売りだという自覚はいちおうあるので、気長に次回更新を待ってくださいまし。すいません。


2020.2.8 (Sat.)

東京23区で最東端の区で練習試合。ワイルドなお子様が多かったり部活動が盛んだったりする区なので、
フィジカル的に厳しい試合になるんだろうな、でもすげえ勉強になるんだろうな、と思いつつ試合開始。
そしたらBチーム相手だったのでふつうに互角のいい試合なのであった。まあ、こっちもパフォーマンスがよかった。
ほかに中高一貫校の中学、いつも区大会で顔を合わせている学校とも試合をしたが、どこもきちんと強く、
おかげでこっちの守備のレヴェルが引き上げられた内容なのであった。今日の経験値はとても大きかったと思う。



2020.2.5 (Wed.)

iTunesでゲームミュージックのアートワークを各ゲームのタイトル画面にしたら、なかなかよいではないか!
画像を探すのが面倒くさいが、いざきちんと加工して設定してみると、とっても雰囲気が出てよいのである。
こうしてみると、ゲームってのも立派な「作品」なんだなあと思う。総合芸術としての財産だよなあと。
冷静に考えれば考えるほど、映画と似た意味での作品性がある。職人芸の深さも、勝るとも劣らないレヴェルだし。
きっと僕らは、後世から振り返れば「ゲームがいちばん熱かった時代」を生きたんだろうなと思う。幸せなんだろうな。



2020.2.3 (Mon.)

仕事から帰ってきたら、さすがにアップロードが完了していたのであった。「futsutama」をたたむと、
「futsutama 2nd」を起動してiTunesの様子を見てみる。多少のエラーはあったものの、ネットの情報を参照して解決。
結果的には以前とまったく変わらない状態となってくれた。ただ、あくまで最優先はクラウド上のデータなので、
iPodをつなぐと「futsutama 2nd」のSSDにある曲しか移らない。僕はiPodでストリーミングすることは考えていない。
クラウドより外付けHDDのデータを優先させるべく、そっちのファイルをメインとして読み込ませる作業をやっていく。
つまり、今度は「futsutama 2nd」経由でHDDのデータをアップロードし直していくというわけである。
その際、重複するデータを自動で認識してくれるのは本当に楽だ。おかげで予想外に作業はスムーズに進んでいった。
こうなったら焦る必要はないので、今までなかったアートワークを新たに付加しながら地道にやっていくつもり。
iTunes Matchが、思っていたよりもずっとユーザー側の味方であることがわかったのはうれしい。大いに助かる。


2020.2.2 (Sun.)

新しいパソコン「futsutama 2nd」に移行して以来、音楽を更新できない状況が長らく続いていた(→2019.10.6)。
外見は前のモデルとほとんど変わっていないが、そこは5年の時間が経過しているわけで、HDDではなくSSDなのだ。
おかげで容量が少なくて、音楽データを外付けHDDに保存しないとやっていけないのである。これがクセモノで、
操作がよくわからん僕にとっては、iTunesのデータが実質初期化させられてしまったに等しい状況なのであった。
これまで蓄積してきた再生回数もレートもまっさらになってしまうというのは、これ以上ないくらい困ったことだ。
したがって、新しい曲を仕入れることなく、iPodを新パソコンに接続しないで我慢する状態が続いていたのだ。
しかしもう限界。仕方がないのでついに本日、iTunes Matchに登録して全データをクラウド化したのである。

まずは先代の「futsutama」を起動して、そちらから音楽データをアップロード。しょうがないことなんだけど、
これがやたらめったら時間がかかる。結局、今日中には到底終わらなさそうなので、そそくさと寝る。どうなるやら。


2020.2.1 (Sat.)

今日も今日とて練習試合。京成の四ツ木駅で下りたのだが、『キャプテン翼』一色でなかなか興味深かった。
衝撃的だったのは、南葛ユニのイニエスタ像と、若林と並んで大きな絵が貼ってあった森崎くんである。
SGGK(スーパー・がんばり・ゴール・キーパー)がSGGK(スーパー・グレート・ゴール・キーパー)と同じサイズ!
ちょっと見ただけでもいろいろとツッコミどころが多かったので、いつか姉歯メンバーで訪れてみたいものだ。

四つ木の複雑な住宅地を抜けて会場の学校へ。グラウンドは広くはないが、立派な人工芝なのであった。
監督としては、人工芝だとなぜか正座しちゃうよね。正座に腕組みで指示を出す私。それがいちばん落ち着く。
マルセロ=ビエルサはピッチサイドで蹲踞することで知られているが、私の場合は完全に正座。足が痺れる。


diary 2020.1.

index