diary

past log


2018.11.11 (Sun.)

午前中に僕の働いている学校で区の総合防災訓練が行われるということで、仕事として参加したのであった。
面倒くさいわあ……という気持ちも正直なくはないが、防災訓練は大事という意識の方がはるかに上回っているので、
ボランティアで参加した生徒を撮影しながらそれなりにきちんと見てまわる。結果的にはいい勉強になったと思う。
参加賞ということで防災グッズの入った防災リュックを頂戴したが、どんだけ予算をつけているのだ!?と驚いた。

この訓練の一番の目玉は、陸上自衛隊によるカレーの炊き出しなのであった。あくまでも訓練の一環なのだが、
閉会式後、ちょうどお昼のタイミングに合わせておかわり自由でふるまわれ、大変おいしくいただいたのであった。
まず、1杯の量が意外と多い。そして入っている豚肉も多い。不思議なのは、いつまでも熱々でなかなか冷めないこと。
寒い場所での炊き出しも想定していて、冷めづらいようにつくっているのだろうか。猫舌の皆さんは苦しんでいたが。
なるほどこのカレーを食べれば元気が出るわと思いつつおかわり。食は生きるうえでの基本なのだと実感できる味でした。



2018.11.8 (Thu.)

暇をみて家にある御守の整理をしているのだが、いよいよ大変なことになってきている。
紫外線で激しく色落ちする御守もけっこうあるので東急ハンズで売っていた黒い巾着袋に入れているのだが、
パンパンになった巾着袋がどんどん増殖している状況なのである。あれだけ必死に集めていれば当然の帰結だが。
「北海道・北東北」「南東北」「北関東」「東京」「南関東」「甲信」「北陸」「東海」「愛知」「京都」「兵庫」
「近畿」「中国」「四国」「九州北」「九州南・沖縄」「お寺」ということで、3.5リットルが現在17袋である。
マニアとは恐ろしいものだ、と自分で自分に呆れている始末。これ以外にまだ撮影していない新入りも多数。
さらに頭が痛いのは、その東急ハンズの巾着袋が生産終了してしまったことだ。いずれ対策を考えなければ。

でもまあ、まずは御守コレクションのページをきちんと更新していくことが大事でございますね。
そしてそれぞれの御守について、どこがどう面白いのかもきちんと説明をつけていかねば。ヒー


2018.11.7 (Wed.)

先日の研究授業でつくりはじめた英語の課題である鎌倉ポスターを、ほぼすべての班がどうにか完成させた。
正直なところもっと時間がかかると思っていたが、生徒たちは予想をはるかに超える意欲で取り組んでくれた。
英語が苦手な生徒も積極的な姿勢で前向きにやってくれたので、どの班もきちんとしたものに仕上がった。
担当者としては申し訳ない気分である。みんなのことナメててゴメン、と。自分の疑い深さが恥ずかしいほどだ。
来年の修学旅行ではまた何かやることになるかもしれないが、ここで非常にいい経験が積めた感じである。


2018.11.6 (Tue.)

区で開催される英語学芸会の司会をやるために一日出張。しょうがないことと納得はしていた仕事なので、
イヤではあるけど覚悟はできている。そんな感じで自分としてはそれなりに前向きに取り組むのであった。
……が。本番では噛みまくって本当に申し訳ないのであった。英語を読むリズムがいいと褒められはしたが、
いかんせん噛んで噛んで噛みまくってもう情けないったらありゃしない。練習をまったくしなかったわけではないが、
やはり深層意識ではこの仕事をナメていたんだと思う。一生懸命にやっていた生徒や他校の先生方に申し訳なかった。

で、英語学芸会じたいについての感想。この区はいい意味で素朴であり、必死でないところが本当にいいなあと思う。
前にいた区が全力で自分たちから植民地化にまっしぐらなバカさ加減(→2013.11.132016.11.9)だったせいもあり、
個人的にはあまりいい印象のないイヴェントだ。しかしこの区の場合、生徒の一生懸命さがとても印象に残る内容で、
英語圏特有の感覚よりもわれわれ日本人の努力を評価する本質が大切にされていた。参加できてよかった、むしろ。



2018.11.3 (Sat.)

午後に部活をやってから、福岡に移動する。今回は一宮参拝を完遂する旅行ということで、ちょっと緊張気味である。

宿に着いてニュースを見たら、ソフトバンクが広島を破って日本一に輝いたとのこと。うーん、やっぱり強い。
シリーズMVPがキャッチャーの甲斐ということで、育成出身の選手では初となる快挙だそうだ。おめでとうございます。
しかしそれ以上に意義があるのが、いわゆる「甲斐キャノン」と呼ばれる盗塁阻止を理由にMVPに選ばれたという点だ。
今まで日本シリーズのMVPってのは、だいたいバッティングやピッチングでの活躍が評価されて決まっていたはずで、
キャッチャーがランナーを刺しまくったという観点での選出は聞いたことがない。これはとてつもなくすごいことだ。
もちろん広島のハイレヴェルな機動力野球が前提にあって、それを完全に封じ込めたことでの評価というわけだが、
そういうMVPがきちんと成立した点、そしてこのMVPについてあらゆる野球ファン全員が納得できている点に、
この野球というスポーツの深みをあらためて感じるのである。「野球ってすげえな」とあらためて思わされる、
そんな通好みなシリーズにふさわしい、日本野球を進化・深化させる価値のあるMVPと言っても過言ではあるまい。



2018.11.1 (Thu.)

今日から冬時間(部活が18時まで)だ! なんとかして少しでも日記を進めなければ! 30分の積み重ねをがんばる!


diary 2018.10.

index